感情的で情緒的な人ほど情報を受信しやすい

感情的で情緒的な人ほど情報を受信しやすい

感情的で情緒的な人ほど情報を受信しやすい

いや、複雑な未来情報を「思念」として受け取ることは難しいにしても、未来に何かを体験することになる自分自身の「感情」なら、時間を越えて同じ自分が受け取ることもあるのではないだろうか。そう、「感情」も一種のエネルギーなのである。

喜怒哀楽の感情とか何かに感動・感激し昂った気持ちが、過去の自分の無意識内にも飛び火し、そうした感情エネルギーに応じた情景(未来の情報)を、予め夢の中で垣間見たもの、それこそが予知夢ではないかということだ。

だから宝くじが大当たりをした際の喜びの感情や、あるいは生命が危機にさらされた際の恐怖の感情などは、インパクトも強いので、それだけ「感情波」が過去にも伝播しやすく、それが寝ているときの「予知夢」として記憶されるのだろう。

この仮説(予知夢・未来感情伝播説)によれば、感情的で情緒的な人、俗にいう感激屋さんほど、未来の自分自身からの感情を受信しやすい(現時点における最良の選択のヒントを夢から得やすい)ということが言えよう。これは予知夢メカニズムにおける、これまでにはない第三の考え方である。

ともかく夢の中で重要なのは感情面なのだろう。それが悪い感情を伴う、俗にいう悪夢であれば当分は用心しておくのがよい。反対に宝くじに大当たりをして、とても喜んでいるような夢を見たならば、実際に宝くじを買うことをお勧めする。大当たりは間近いかも?

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional